スマホの料金・プラン・機種の総合情報サイト「スマギア」

[au編]iPhone SEの購入を検討してみた。

[au編]iPhone SEの購入を検討してみた。

出典:【au Online Shop】 au製品の通販 オンラインショップ

2020年5月11日iPhone SEの新機種が発売されました!気になるその特徴ですが、「見た目はiPhone8、頭脳はiPhone11」といえるでしょう。また今までのiPhoneシリーズに比べ低価格である点も魅力です。

今回の記事では、価格面や機能面などをしっかり考えることで、iPhoneSEを購入するかどうかを検討しました。auでの購入を想定しています。

価格帯に関して

iPhoneはアップルで発売されるものと、大手3キャリアで発売されるもので価格は違います。

アップルで発売されている価格帯にプラスアルファで上乗せをしたうえで大手3キャリアは発売をしています。

今回はauのみで比較してみます。
アップルでの価格帯は以下になります。
iPhone SE(64GB):49,280円(税込)

iPhone SE(128GB):54,780円(税込)

iPhone SE(256GB):66,880円(税込)

↓参照URL
https://www.apple.com/jp/iPhone SE/

一方、auの価格帯はこんな感じです。
iPhone SE(64GB):55,720円(税込)←アップルよりも6,440円高い

iPhone SE(128GB):61,250円(税込)←アップルよりも6,470円高い。

iPhone SE(256GB):75,215円(税込)←アップルよりも8,335円高い。

↓参照URL
https://www.au.com/mobile/product/selection/price/?device=iphone

正規の価格だとauよりもアップルの方が安いですね。

ですが、auが展開しているキャンペーンをうまく利用するとアップルより安くiPhoneSEが購入できます。のちほど説明しますね。

機能面に関して

さて、次は技術面です。
iPhoneSEのベースモデルとなったiPhone8と比較してみます。

見た目

機種の色が変わったぐらいで、他はiPhone8と同じです。

iPhone 8
ゴールド、シルバー、スペースグレイ

iPhone SE
ブラック、ホワイト、レッド (PRODUCT)RED

個人的に (PRODUCT)REDがあるのは嬉しいですね。iPhoneの(PRODUCT)REDは、単に真っ赤というわけではなく「上質な赤」というところが魅力。持っているだけでテンションが上がりそうです。

以下、iPhone8とiPhoneSEで変わらない点です


・大きさ:138.3mm × 67.3mm
・重さ:148g
・画面サイズ:4.7インチ

(iPhone SEの旧機種は4インチでした。)

iPhoneSE=コンパクトと思っていた方は少し驚くかもしれません。旧機種と比べ今回のiPhoneSE(第二世代)はひとまわり以上大きくなりました。動画視聴やゲーム好きな人は嬉しいですね!

また、重さも薄さもiPhone8と同じです。持ち運びがしやすいモデルだと思います。

その他、変わらない点を列挙していきます。

変わらない点

・解像度 1,334 × 750ピクセルです。
(iPhone SEの旧機種1,136 × 640でした。)
解像度というのはディスプレイに表示されている画像や動画がどれくらい鮮明に綺麗に見えるかという基準のことをいいます。
この値が高いほど、きめ細かく表示されて綺麗に見えるということですね。

・アウトカメラ 1,200万画素
(iPhone SEの旧機種も1,200万画素と変わらずです。)

・インカメラ 700万画素
(iPhone SEの旧機種は120万画素でした。)

ちなみにアウトカメラとインカメラの違いは、ざっくりとこんな感じです。

アウトカメラ:スマホの背面についているもので、通常撮影するときのもの。

インカメラ:スマホの内面についているもので自撮りとかビデオ通話をするときに使うもの

インカメラで撮影したときに、通常よりも画像が少し荒いなと感じるのは、この画素数の違いによるものと言えますね。

・認証方法
指紋認証
(iPhone SEの旧機種も指紋認証でしたね)
マスクをする機会も増えている現状を考えると、顔認証だとなかなか認証されなかったり、といったところがありますので、指紋認証はありがたいかもですね。

・防水性能
IP67と呼ばれるもので、水深1mで最大30分間は大丈夫らしいです。

試すのも怖いし、あえて試さなくてもというところですね。

iPhone SEの旧機種は防水には対応をしていなかったので、ここは改善された点ですね。

次に主な変わった点を整理してみます。

要するにここが今回のiPhone 8とiPhoneSEの違いを知るうえで重要なポイントですね!

変わった点

・プロセッサ
iPhone 8:A11 Bionic
iPhone SE:A13 Bionic

ここがもっとも大きなポイントです。なんとiPhone SEの新機種は昨年に発売されたiPhone11やiPhone11Proと同じプロセッサなのです。

このプロセッサは、アプリの起動であったり、動作速度にかかわってくるところですので、重要なポイントですね。

iPhone 8の外見のままiPhone11やiPhone11Proと同じスペックを持っているというのが、今回のiPhone SEの新機種といえるでしょう。

・カメラ機能

iPhone 8:ポートレートモード無し
iPhone SE:ポートレートモード有り

iPhone SEにはポートレートモードがあるためにカメラ撮影では今まで以上に楽しめるのではないでしょうか。

変わった点の数自体はそこまで多くはないのですが、スペックが上がったというところが何よりも大きく変わったといっても過言ではないと思います。

さて、次に実はアップルで購入するよりも3大キャリアで購入する方がお得になるということを説明していきます。

今回はauで説明します。

容量は64GBで比較していきます。

auオンラインショップでの契約に関して

auオンラインショップはau公式のオンラインショップです。公式のオンラインショップなので、商品の品質やアフターサポートも安心して利用できます。また、オンラインショップ限定で行っているキャンペーンもあるので、店舗で購入するよりお得に購入することもできます。

もっと詳しく、メリットデメリットを見てみましょう!

メリット

24時間いつでも利用可能
自分の好きなタイミングで利用できるのでとても便利!

待ち時間なし
実店舗だと、平日の夕方や土日祝は1時間以上待つことも多いですがオンラインなら待ち時間0!

オンラインショップ限定のキャンペーンがある
オンラインショップ限定のキャンペーンを利用することで、実店舗で購入するよりお得に購入できます

取扱商品が豊富
お取扱商品はなんと2,500点以上!欲しい端末が見つかります

日本全国、送料無料
送料無料は地味に嬉しいポイント。オプション品も2,500円以上の購入で送料無料になります。

頭金がいらない
実店舗の購入で端末を分割払いにすると、頭金がかかることがありますが、オンラインショップだと0円です。

デメリット

直接店員さんに質問できない
直接店員さんに質問しながら料金プランや端末を決めたい人にとっては不向きかもしれません。
ですが今はオンラインショップでもチャット機能が充実していて、口頭で話をするのと同じくらいのテンポで会話ができます。記録として残したい方はそのまま画面をスクリーンショットすればいいので、便利だと思います。

購入したい端末を直接さわって確かめられない
実際のサイズ感や、端末の色、操作性などは実際にさわってみないとわからないものです。
不安な方は実店舗で実物を確認してから、オンラインショップでの購入をおすすめします。

店舗限定のキャンペーンがある場合も
購入前に、実店舗とオンラインショップどちらがお得になるか確認すると良いでしょう

開通手続きを自分で行わなければいけない
自分で開通手続きをするのを不安に思う方も多いと思いますが、意外と簡単です。
同封の冊子に開通手続きの方法が載っています。

au独自キャンペーン

まずiPhone SE新機種の64GBでの価格帯は以下になります。

アップルで購入した場合:49,280円(税込)

auで購入した場合:55,720円(税込)

差:auの方が6,440円(税込)高い!

一見ではアップルで購入する方がおトクですよね。
ただ、auでは独自のキャンペーンを展開することでアップルよりもおトクに購入することが出来るのです。
現時点(2020年5月20日)、auオンラインショップで展開しているキャンペーンを紹介していきます。

au独自キャンペーンの一つ目:
au Online Shopお得割

au Online Shopお得割対象機種は新規契約(他社からのりかえ含む)または機種変更で、機種代金から最大22,000 円(税込)割引されます。

iPhone SEも対象です。乗り換えの場合ですと最大22,000円の割引になります。

iPhone SEの機種代金が55,720円なので
55,720円 – 22,000円 = 33,720円となります。

・対応機種一覧は以下となります。

au Online Shopお得割のiPhone対象機種一覧
au Online Shopお得割のauスマートフォン対象機種一覧

au独自キャンペーンの2つ目:
かえトクプログラムが使える

かえトクプログラムとは、購入機種の2年後の買い取り価格を「残価(割引額)」として設定し、その残価を支払い免除とするシステムです。

関連記事

出典:かえトクプログラム | スマートフォン・携帯電話 | au auの端末割引「かえトクプログラム」2020年10月20日時点で公表されている情報ですと、iPhone 12 Pro 128GBは約約46%割引で買えちゃ[…]

かえトクプログラム

対象機種を24回払いで購入し、2年後の買い替え時に端末を返却すると適用されます。

かえトクプログラムは加入料も発生しませんので、入っていても損はないプログラムと言えます。

またかえトクプログラムAu Online Shopお得割併用可能です。
今回のiPhoneSE(64GB)の場合、残価が26,520円で設定されていますので

55,270 – 26,520 = 28,750円となります。

さらにそこからAu Online Shopお得割の割引を適用すると

28,750 – 22,000 = 6,750が実質負担額となります

いかがでしょうか。すごく安くなりますね!

どこで契約するのがお得なのか?

スマホが壊れてしまった、無くしてしまったとかの緊急性が高いとき以外はauオンラインショップで購入することをおすすめします。

オンラインショップで購入することのメリット

24時間いつでも利用可能

待ち時間なし

オンラインショップ限定のキャンペーンがある

取扱商品が豊富

日本全国、送料無料

頭金がいらない

オンラインショップで購入することのデメリット

直接店員さんに質問できない

購入したい端末を直接さわって確かめられない

店舗限定のキャンペーンがある場合も

開通手続きを自分で行わなければいけない

以上となります。
ありがとうございました。

[au編]iPhone SEの購入を検討してみた。
最新情報をチェックしよう!