スマホの料金・プラン・機種の総合情報サイト「スマギア」

SoftBankプラン データシェアプラス

データシェアプラス

※表示金額は記載がない限りすべて税抜です。

データシェアプラスの概要

スマートフォンの利用可能データ量をタブレットやモバイルWi-Fiルーターなどの機種とシェアするオプションです。
スマートフォンを親回線とし、親回線1台に対して子回線を5台までシェアできます。タブレットやモバイルWi-Fiルーターなどが「家族割引」グループに登録された端末であればシェア可能です。
スマートフォンを子回線にすることはできません。
親回線の対象プランは基本料とデータ定額サービスの両方に該当している必要があります。 「メリハリプラン」は対象ですが、「ミニフィットプラン」と「スマホデビュープラン」は対象外です。

親回線対象プラン:

【基本料】
基本プラン(音声)

※受付終了プラン
通話基本プラン
ホワイトプラン
標準プラン

※新規受付終了プラン
通話定額基本料
通話定額基本料(ケータイ)
通話定額ライト基本料
通話定額ライト基本料(ケータイ)

【データ定額サービス】
データプランメリハリ

※受付終了
データ定額 30GB

※新規受付終了
データプラン50GB+
データプランミニ
データ定額 50GBプラス
データ定額ミニ 1GB/2GB
データ定額 5GB/20GB/50GB
パケットし放題フラット for 4G LTE
パケットし放題フラット for 4G

子回線対象プラン:

基本プラン(データ)

※受付終了プラン
タブレット基本料プラン

※新規受付終了プラン
Wi-Fiルータープラン
Wi-Fiルータープラン(高速)
スマートデバイスプラン
スマートデバイスプラン(年契なし)

料金

子回線の基本料に追加で以下の月定額料がかかります。
子回線1台ごとにかかります。
月定額料は子回線の契約者に請求されます。

基本プラン(データ) 0円/月
タブレット基本料プラン 500円/月
Wi-Fiルータープラン 500円/月
Wi-Fiルータープラン(高速) 500円/月

スマートデバイスプラン、スマートデバイスプラン(年契なし)の場合
スマートデバイスシェア 500円/月

※「タブレット基本料」は別途「ウェブ使用料(300円/月)」がかかります。

利用できるデータ容量

親回線の利用可能データ量に準じます。
親回線の利用可能データ量を超えた場合は通信速度制限(送受信最大128kbps)がかかります。

※通信速度を高速に戻すには、親回線で「チャージ(追加データ購入)」が必要です。

データ容量追加オプション

データ容量を使い切ってしまった時に、データ量を追加購入することができます。

  • 追加データ購入:1,000円/1GB、550円/0.5GB
    利用可能データ量を超過した場合、必要な時に自分でデータ量を追加購入できます。
  • オートチャージ(快適モード):1,000円/1GB
    利用可能データ量を超過した場合、事前に申込・設定した上限回数まで1回1GBづつ自動的に追加してくれるサービスです。
    回数は「1~10回」または「無制限」で設定できます。
    ※オートチャージでは550円/0.5GBの設定はできません。
◆有効期限

購入月の翌月末まで
※お申し込みまたは解除時は当該請求月末まで。

通話

各プランに準じます。

加入できる方

上記対象プランを契約している方。

注意点など

※親回線が「基本プラン(音声)」「通話基本プラン」「ホワイトプラン」「標準プラン」の場合、「データくりこし」は利用できません。
※「データシェアプラス」の適用開始請求月と解除翌請求月は「データくりこし」を利用できません。
※「データくりこし」したデータ容量は月間データ容量を消費した後に充当されます。
※家族データシェアは併用できません。
※親回線・子回線ともに、いずれかのデータ定額サービスに加入する必要があります。本サービスが適用されるまでの間と本サービスの終了後に加入したデータ定額サービスが適用されます。
※SoftBank3G対応の各端末、Windowsタブレット、モバイルデータ通信専用端末を子回線とする場合、子回線の通信はギガノーカウントの対象外になります。

softbankの各情報はこちら