スマホの料金・プラン・機種の総合情報サイト「スマギア」

UQモバイルとYモバイルの新料金プランは果たしてお得になったのか!?既存プランと並べてみてみました。

UQモバイルとYモバイルの新料金プランは果たしてお得になったのか!?既存プランと並べてみてみました。

政府の方針の影響もあって、スマホの通信料金の値下げが連日話題となっていますが、そんな中、KDDIとソフトバンクの2社から新料金プランの追加が発表されました。

と言っても、実際は各々の会社のサブブランドである、UQモバイルとYモバイルでの新料金プランの発表となっています。

KDDI→UQモバイル

ソフトバンク→Yモバイル

今回は、その両社の新しいプランがどういったものなのかを整理していきます。

UQモバイルスマホプランVが追加(2021年2月以降)

ソフトバンクシンプル20が追加(2020年12月下旬)

UQモバイルの新プランに関して

まず、最初に発表のあったUQモバイルの方からみていきます。

UQモバイルは元々、プランSとプランRの2種類のみでした。

UQモバイルのプラン一覧

プランSは1,980円で毎月3GBまで使用できて、プランRは2,980円で毎月10GBまで使用できるようになっています。

テレビCMで紹介されている、「1,480円」というのは、2台目以降の機種のプランSでの月額料金のことを指していますね。

ここに今回、月間20GBまで使用できる料金プランの発表がありました。

Vプラン」です。

ということで以下の表に整理をしてみました。

 SRV
基本データ容量3GB10GB20GB
節約モード時最大300kbps最大1Mbps最大1Mbps
月額料金1,980円2,980円3,980円
家族割(2台目以降)-500円-500円-500円
割引後月額料金
家族割(2台目以降)
1,480円2,480円3,480円
    
通話料 基本20秒/30円20秒/30円20秒/30円
最大60分の国内通話が定額500円500円500円
国内通話10分かけ放題700円700円700円
国内通話かけ放題1,700円1,700円1,700円

20GBのプランが月額3,980円(税込みだと4,378円)になるのは確かに嬉しいポイントですね。

2台目以降のスマホだと3,480円(税込みだと3,828円)となっています。

ここに国内通話10分かけ放題を加えると

1台目:3,980円 + 700円 = 4,680円(税込みだと5,148円)

2台目以降:3,480円+ 700円 = 4,180円(税込みだと4,598円)

上記のようになります。

2台の平均で考えると5千円を切る金額感になるので、20GBプランの料金としてはアリなのではないでしょうか。

Yモバイルの新プランに関して

次にワイモバイルの料金プランをみていきます。

ワイモバイルでは現状は3つの料金プランから構成されています。

ワイモバイルのプラン

プランSは2,680円で毎月3GBまで使用できて、プランMは3,680円で毎月10GBまで使用できて、プランRは4,680円で毎月14GBまで使用出来るるようになっています。

ちなみにこの金額の中には「国内通話1回10分以内無料」のサービスがすでに含まれています。

ここに今回、月間20GBまで使用できる料金プランの発表がありました。

シンプル20」です。

ということでUQモバイルと同様に以下の表に整理をしてみました。

 SMRシンプル20
基本データ容量3GB10GB14GB20GB
節約モード時最大300kbps最大1Mbps最大1Mbps最大1Mbps
月額料金2,680円3,680円4,680円4,480円
家族割(2台目以降)-500円-500円-500円00円
割引後月額料金
家族割(2台目以降)
2,180円3,180円4,180円4,480円
     
通話料 基本
最大60分の国内通話が定額
国内通話10分かけ放題1回10分以内の国内通話が無料
国内通話かけ放題1,000円1,000円1,000円1,000円

※家族割の代わりに「おうち割」の適用も可能。併用は不可。割引額は500円

20GBのプランが月額4,480円(税込みだと4,928円)になるのは確かに嬉しいポイントですね。

しかも国内通話1回10分以内無料込みの料金ですので、通話料込みで税込みで5千円をきる金額感になるのでとてもおトクです。

今までのスマホベーシックプランS,M,Rとの違いは「新規割」や「家族割or「おうち割」の適用はないということです。

いい風にいうと、シンプルでとても分かりやすいプランになったということですね。

さすが、「シンプル20」!

両社の比較

次に両社の比較をしていきます。

3GBプランの場合

 UQモバイルワイモバイル
 SS
基本データ容量3GB3GB
節約モード時最大300kbps最大300kbps
月額料金1,980円2,680円
通話料(国内1回10分以内無料)込み→
家族割2,680円2,680円
2台目以降の場合
割引内容→
家族割(2台目以降)-500円-500円
月額料金1,480円2,180円
通話料(国内1回10分以内無料)込み→
家族割2,180円2,180円

10GBプランの場合

 UQモバイルワイモバイル
 RM
基本データ容量10GB10GB
節約モード時最大1Mbps最大1Mbps
月額料金2,980円3,680円
通話料(国内1回10分以内無料)込み→
家族割3,680円3,680円
2台目以降の場合
割引内容→
家族割(2台目以降)-500円-500円
   
月額料金2,480円3,180円
通話料(国内1回10分以内無料)込み→
家族割3,180円3,180円

20GBプランの場合

 UQモバイルワイモバイル
 Vシンプル20
基本データ容量20GB20GB
節約モード時最大1Mbps最大1Mbps
月額料金3,980円4,480円
通話料(国内1回10分以内無料)込み→
家族割4,680円4,480円
2台目以降の場合
割引内容→
家族割(2台目以降)-500円00円
   
月額料金3,480円4,480円
通話料(国内1回10分以内無料)込み→
家族割4,180円4,480円

3GBのプランと10GBのプランに関しては、通話料込みだと同じ料金体系になっていますね。

今回新設された20GBのプランはちょっとややこしいのですが、1台目は通話料込みだとYモバイルの方が200円安くなっています(4,680円と4,480円)。2台目以降は逆にUQモバイルの方が300円安くなっています(4,180円と4,480円)。

1台だと

UQモバイル:4,680円

Yモバイル:4,480円(UQモバイルより200円安い)

2台合算だと

UQモバイル:4,680円+ 4,180円 = 8,860円(Yモバイルより100円安い)

Yモバイル:4,480円+ 4,480円 = 8,960円

3台合算だと

UQモバイル:4,680円+ 4,180円 + 4,180円 = 13,040円(Yモバイルより400円安い)

Yモバイル:4,480円+ 4,480円 + 4,480円 = 13,440円

1人で契約するならYモバイル、2台以上の複数台で契約するならUQモバイルの方が安くなります。複数台が増えれば増えるほどUQモバイルの方が合算だと安くなっていきます。

ちなみに節約モード時のスピードに関してはいずれのプランも同じです。

Yモバイルの方は上記以外にももう一つRプランがありますので、選択肢が多いです。

以上のことから各々の特性を整理すると

UQモバイル

・20GB使用できる新プランは2台目以降Yモバイルよりも300円安くなっていく。

・通話料に関しては選択肢があるために通話が必要ない人は安く抑えることも出来る。

Yモバイル

・20GB使用できる新プランは割引もなくシンプルで分かりやすいプランとなっている。

・プランの選択肢が4つある。

料金面だけで比較するとどれだけ通話するかをまずは考えたうえで、どちらかを選ぶのがいいでしょう。

そして、何人で契約するかによっても料金は変わってきますので、1人で契約するのかご家族で乗り換えるのかを検討したうえでどちらを選ぶのがいいでしょう。

乗り換えをするならどこがいい?

のりかえをするなら、オンラインショップをお勧めします。

特にYモバイルでは契約をするときに発生する事務手数料3,000円(税抜)が無料となっています。

また、UQモバイル、Yモバイル共にオンラインショップでもチャット機能が充実をしていますので、不明点があれば質問をすることも可能となっています。

他には自分のペースで契約を進めることもお勧めポイントです。

お仕事終わりだったり、夜の落ち着いた時間帯であったり待ち時間なくスムーズに手続きを進められます。

今回の新料金プランの受付はまだ先の話になりますが、既存のプランでも毎月のスマホ代を抑えられることは可能なので、検討してみる余地は十分になります。

これを機会にご自身のスマホ代を見直してみてはいかがでしょうか?

以上、ありがとございました!

UQモバイルとYモバイルの新料金プランは果たしてお得になったのか!?既存プランと並べてみてみました。
最新情報をチェックしよう!