スマホの料金・プラン・機種の総合情報サイト「スマギア」

新プラン登場記念!ワイモバイルへののりかえがかなりおトクでオススメです!

新プラン登場記念!ワイモバイルへののりかえがかなりおトクでオススメです!

出典:オンラインストア|Y!mobile – 格安SIM・スマホはワイモバイルで

新プラン登場記念の端末割引!お得なキャンペーン開催中!

2021年2月18日からワイモバイルの料金プランが改定されて、月額料金も利用しやすいものになったので、ワイモバイルへ乗り換える魅力が増したのではないでしょうか。

さらに月額料金だけでなく、新プランを記念して最新の人気機種が最大18,000円(税込)の値引きで購入できるキャンペーンが展開されています!

割引が2021年3月31日(水)までの機種(Xperia 10 II、かんたんスマホ2、Android One)もあるので、お見逃しなく!

最大18,000円(税込)値引きの対象機種の紹介

ワイモバイルといえば、つい先日にiPhone12、iPhone12 miniの発売も始まって機種のラインナップも充実してきました。

そんな中、今回の新プラン登場記念ではどの機種が対象になるのかを確認していきます。

※月々の支払いは36回払いにて表示

たとえば、iPhone12(64GB)のケースだと以下のようになります。

iPhone12(64GB)

定価:110,880円(月々3,080円)

新規契約の場合:92,880円(月々2,580円)▲18,000円値引き

他社から乗り換えMNP)の場合:92,880円(月々2,580円)▲18,000円値引き

機種変更の場合:103,680円(月々2,880円)▲7,200円値引き

ソフトバンクから乗り換えの場合:110,880円(月々3,080円)値引き無し

ソフトバンク回線MVNOから乗り換えの場合:110,880円(月々3,080円)値引き無し

上記のようなパターンでまとめたのが以下の表になります。

機種名定価月々(36回)契約区分割引額割引後機種代金月々(36回)
iPhone12(64GB)110,880円3,080円新規契約-18,000円92,880円2,580円
MNP-18,000円92,880円2,580円
機種変更-7,200円103,680円2,880円
SB→YM00円110,880円3,080円
SBのMVNO00円110,880円3,080円
iPhone12(128GB)116,640円3,240円新規契約-18,000円98,640円2,740円
MNP-18,000円98,640円2,740円
機種変更-7,200円109,440円3,040円
SB→YM00円116,640円3,240円
SBのMVNO00円116,640円3,240円
iPhone12(256GB)131,040円3,640円新規契約-18,000円113,040円3,140円
MNP-18,000円113,040円3,140円
機種変更-7,200円123,840円3,440円
SB→YM00円131,040円3,640円
SBのMVNO00円131,040円3,640円
iPhone12 mini(64GB)96,480円2,680円新規契約-18,000円78,480円2,180円
MNP-18,000円78,480円2,180円
機種変更-7,200円89,280円2,480円
SB→YM00円96,480円2,680円
SBのMVNO00円96,480円2,680円
iPhone12 mini(128GB)102,960円2,860円新規契約-18,000円84,960円2,360円
MNP-18,000円84,960円2,360円
機種変更-7,200円95,760円2,660円
SB→YM00円102,960円2,860円
SBのMVNO00円102,960円2,860円
iPhone12 mini(256GB)116,640円3,240円新規契約-18,000円98,640円2,740円
MNP-18,000円98,640円2,740円
機種変更-7,200円109,440円3,040円
SB→YM00円116,640円3,240円
SBのMVNO00円116,640円3,240円
iPhoneSE(64GB)57,600円1,600円新規契約-18,000円39,600円1,100円
MNP-18,000円39,600円1,100円
機種変更-7,200円50,400円1,400円
SB→YM00円57,600円1,600円
SBのMVNO00円57,600円1,600円
iPhoneSE(128GB)64,080円1,780円新規契約-18,000円46,080円1,280円
MNP-18,000円46,080円1,280円
機種変更-7,200円56,880円1,580円
SB→YM00円64,080円1,780円
SBのMVNO00円64,080円1,780円
OPPO Reno3 A26,640円740円新規契約-12,240円14,400円400円
MNP-18,000円8,640円240円
機種変更-7,200円19,440円540円
SB→YM00円26,640円740円
SBのMVNO00円26,640円740円
Xperia 10 II46,800円1,300円新規契約-18,000円28,800円800円
MNP-18,000円28,800円800円
機種変更-7,200円39,600円1,100円
SB→YM00円46,800円1,300円
SBのMVNO00円46,800円1,300円
AQUOS sense4 basic22,968円638円新規契約-18,000円4,968円138円
MNP-18,000円4,968円138円
機種変更-7,200円15,768円438円
SB→YM00円22,968円638円
SBのMVNO00円22,968円638円
Android One S623,760円660円新規契約-18,000円5,760円160円
MNP-18,000円5,760円160円
機種変更-7,200円16,560円460円
SB→YM00円23,760円660円
SBのMVNO00円23,760円660円
Android One S836,000円1,000円新規契約-18,000円18,000円500円
MNP-18,000円18,000円500円
機種変更-7,200円28,800円800円
SB→YM00円36,000円1,000円
SBのMVNO00円36,000円1,000円
かんたんスマホ231,680円880円新規契約-18,000円13,680円380円
MNP-18,000円13,680円380円
機種変更-7,200円24,480円680円
SB→YM00円31,680円880円
SBのMVNO00円31,680円880円

新規契約とMNPの場合は▲18,000円値引きで、機種変更▲7,200円値引き、ソフトバンクやソフトバンクのMVNOでの乗り換え値引き無し。ということになりますね。

ワイモバイル目線で見ると、新規契約やMNPだと保有台数が増えることになるので、その分の予算として購入者に対して還元をしているのでしょうね。

SIMのみの契約でもおトク

機種は今使っているものでよくて、そのままでワイモバイルへ乗り換えることも可能です。

その場合は、SIMのみの乗り換えという形になります。

箱はそのままで、中にある機械を入れ替えるといったイメージでしょうか。

おさらいですが、ワイモバイルには3つのプランから構成されています。

シンプルS(3GB):2,178円(税込)→家族割適用だと990円(税込)

シンプルM(15GB):3,278円(税込)→家族割適用だと2,090円(税込)

シンプルL(25GB):4,158円(税込)→家族割適用だと2,970円(税込)

お勧めは「シンプルM」です。

シンプルLプランのデータ容量帯になってくるとLINEMO(ラインモ)の方が良かったりしますので、LINEMOの手続きが面倒だと感じない人はLINEMOをお勧めします。

シンプルSプランだと少しデータ容量が足りなくなる可能性もあります。

また、データ容量超過時の通信速度

シンプルS:最大300kbps
シンプルM:最大1Mbps
シンプルL:最大1Mbps

となっています。

1Mbpsあれば、サイトの閲覧やデータの重くない動画などであればそこまで支障はないと言われています。

そうだからこそ、シンプルLまでの容量帯は必要ないとも言えますね。

そして、「シンプルM」をお勧めする理由の1つが、シンプルM/Lで新規・他社からの乗り換えの場合PayPayボーナスが最大5,000円相当プレゼントされるといった点にあります。

5,000円というと、シンプルMプランの約2か月分に相当する付与額ですので、何気に大きなプレゼントです。

そして、PayPayといえば、常に色んなキャンペーンを実施していて、定期的に大きなキャンペーンも開催されます。

いまだと「超PayPay祭(2021年3月28日まで)」というものが開催されています!

私も個人的にこのキャンペーンを使って、コンビニでの買い物やマンガ本の購入、マクドナルドでガッツリと使用しています!

次に超PayPay祭の内容を見ていきます。

超PayPay祭がかなり熱い!

※超PayPay祭は2021年3月28日で終了しました。

超PayPay祭は収集がつかないくらいに本当に多くのキャンペーンが実施されています。

全部紹介をするとキャンペーン内容が逆によく分からなくなるので、私が個人的に魅力に感じている内容を中心に紹介していきます!

PayPay残高の支払いで対象店舗だと最大20%のPayPayが戻ってきます

全対象店舗で1,000円までという条件はありますが、20%の還元率は高いです。

そして、ソフトバンク/ワイモバイルのスマホユーザーだと還元率が20%→30%にアップします。しかも付与上限も1,000円→2,000円にアップしますので、かなりお得になります。

セブンイレブンやマクドナルドなども対象になっていましたので、ちょっとしたお買い物でコンビニを利用する際はPayPay払いをお勧めします。

超PayPay祭くじが楽しいです!

クジを引くと、以下のように結果が出ます。

↓くじを引いた結果

私の場合、日ごろの行いが、よく今回は1円のPayPayボーナスが当たりましたが、もっと日ごろの行いが良い人は以下のような特選賞が当たることもあるようです。

PayPayモールやYahooショッピングがオトク

最終日はなんと最大で33%の還元となっています!

最終日:3月28日(日)

さらに事前期間のお買い物で条件を満たせば最大44%の還元となります。

44%の条件をどこまで満たしているのかは以下のようにマイページから確認することが出来ますよ。

私の場合、今のところ25%相当まで積みあがっているみたいです。

これだけでも十分なような気はしますが、やるからには還元率をもっと高めたいなと思っています。

まんまとPayPayの罠にはまってしまってますw

デリバリー・テイクアウトがおトク

たとえば、Uber Eatsウーバーイーツ)を利用すると全対象加盟店で最大20%+3%戻ってくるキャンペーンが展開されています。

Yahooプレミアム会員だと最大20%+10%の合計30%の還元となりますので、かなりお得です。

外出をすることもなかなか難しい状況の中、Uber Eats(ウーバーイーツ)だと色んな店舗のものを食べることが出来ますので、けっこう新鮮な気持ちになれたりもします。

さらに還元率も高いとなると、利用しない手はないです!

その他にも、街のショッピングがお得になるなど本当に多くのキャンペーンが展開されていますので、PayPayの利用はお勧めです。

PayPayは定期的にこういった大きなキャンペーンを実施していますので、今回利用する機会がなかったとしてもまたチャンスは訪れてくると思いますし、普段のお買い物でも使い勝手もよく多少の還元もありますので、お勧めです。

ワイモバイルへ乗り換えるならどこがいい?

最後に、ワイモバイルに乗り換えるなら「ワイモバイルオンラインストア」をお勧めします。

オンラインストアだと、ショップに出向かなくてもよくてご自身のペースで好きな時に契約の手続きを進めることができます。

また、契約の際に発生する契約事務手数料3,300円も無料(0円)となっています。

あと、配送費無料(0円)となっています。

実機にふれてからの契約が出来ないといった面はありますが、それ以上に金額的なお得感契約までの便利さのメリットが勝っているいますので、「ワイモバイルオンラインストア」で購入することをお勧めしています。

機種代金もオトクに購入できて、毎月のスマホ代も節約出来て、PayPayでお得にお買い物が出来るワイモバイルはお勧めです♪

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

新プラン登場記念!ワイモバイルへののりかえがかなりおトクでオススメです!
最新情報をチェックしよう!