スマホの料金・プラン・機種の総合情報サイト「スマギア」

「d払い」は便利?実際に利用して分かったこと

キャッシュレス決済は時代の最先端でしょう。
わたしは、この流れに乗り遅れることなく実践することにしました。

さまざまなキャッシュレス決済の中から選んだのはd払いです。
さっそく概要を説明しますね。

「d払い」とはどのようなもの?

「d払い」を実現するまえに、キャッシュレス決済をおさらいしなければなりませんね。
ここでいう「キャッシュレス決済」は、「キャッシュレス」と同義に考えてください。

調べてみると、ひとくちにキャッシュレスといってもさまざまな種類が存在します。
それは「タッチ型決済」「QRコード決済」「バーコード決済」「クレジットカード決済」「交通系ICカード決済」「流通系ICカード決済」です。

決済に現金を使用しないのがキャッシュレスとなります。
今回選んだ「d払い」は、ドコモにより提供されている「バーコード・QRコード決済サービス」です。

わたしが「d払い」を選んだ理由はドコモユーザーだから。
ちなみに、「dアカウント」を取得すれば、ドコモユーザーではなくても「d払い」を実現できます。(でも、ドコモユーザーのほうが便利ですよ)

「dアカウント」は、ドコモの公式ホームページで簡単に発行できることはご存知でしょうか?
お得に活用したいならば必須事項となりますから、しっかりと認識してください。

「d払い」に話をもどしますが、これを実践するためには専用アプリのダウンロードを事前におこなう必要があります。

アプリダウンロードはこちらから ⇒

これで、スマホがキャッシュレス対応となります。

ここで重要なのは、キャッシュレスに対する決済方法です。

決済方法は「電話料金合算払い(ドコモユーザー限定)」「ドコモ口座払い」「クレジットカード払い」から選択可能です。
また、ウォレット機能を使えば銀行口座/セブン銀行ATM/コンビニからチャージすることも可能です。

わたしはドコモユーザーですから、クレジットカード登録をしなくてもキャッシュレスを実現できますね。

ただし、クレジットカード支払いにすればクレジットカードポイントも貯められますから、さらにお得となることに。
わたしは、クレジットカードの紐付けをおこないました。

これで準備が整ったので、さっそく店舗で「d払い」を試しましょう。
そのながれはつぎの項目で……。

「d払い」のつかいかた

実際に利用したのは「コンビニエンスストア」。
店舗で確認したいのは、「d払い」対応をあらわす表記です。

お目当ての店舗がすべてのキャッシュレス決済に対応しているとは限りません。
事前にしっかりと確認しておきましょう。

店頭案内をみれば「d払い」に対応していたので、安心して商品をレジへもっていきます。
ここでスマホを取り出し、「d払いアプリ」を起動させます。
事前に起動させておけばあわてずに済みますね……。

ちなみに、すでに貯まっている「dポイント」を利用したい場合には決済画面に表示されている「dポイントで支払う」をチェックすればOKです。

レジスタッフに「d払いで」と伝えたら、慣れた手つきでスマホ画面に表示されているバーコードを読み取ってくれました。

なんと簡単なのだろう!

思わず声が出そうになったものです。

以前のように小銭を用意したり、おつりで小銭を受けとったりする必要がありません
シンプルな手順で決済が終了します。

これならレジが混んでいてもスマートに商品を受け取れますね。
事前の予習によるスムーズな決済に満足した次第です。

今回はバーコードを読み取ってもらうことでキャッシュレス決済をしたわけですが、店舗によってはこちらから「QRコード」を読み取る方法も存在します。

「d払い」と「dポイント」の関係性について

「d払い」のお得を理解するためには「dポイント」を知らなければなりません。
シンプルに表現するならば「dポイント」はドコモの共通ポイントです。

ここで知っておきたいのは、ドコモユーザーではなくても「dポイント」の活用が可能な点。
入会金や年会費不要の「dポイントカード」を作成すれば、だれでも「dポイント」をお得に使えますよ。

「dポイント」に慣れてからドコモユーザーになることも可能ですね……。

ちなみに「dポイントカード」はdポイントがつかえるお店とドコモショップで簡単に発行してもらえます。

あなたは「dポイント」が気になりますか?
じゃあ、さっそく発行してもらいましょう。

それから、クレジットカード機能をもつカードがあり、これを「dカード」とよびます。
「dポイントカード」と「dカード」は名前が似ていますね。
機能面に違いがありますから注意してください。

「dカード」はクレジット機能付きです。

さらに「dカード」にはノーマル「dカード」「dカードGOLD」があり、さまざまな違いがあります。

dカードdカードゴールド
年会費無料10,000円+税
還元率(ポイント)1%1%
ケータイ補償最大1万円分
購入してから1年間有効
最大10万円分
購入してから3年間有効

「dカードGOLD」には空港ラウンジ利用や海外・国内旅行保険などの補償サービスがあり、ビジネスや旅行で海外へ行く機会の多い人にはオススメとなりますね。

話をもどしましょう。
「dポイントカード」も「dカード」もショッピングで提示および利用により貯まるポイントが「dポイント」です。

ここでふと疑問がわいてきました。
「d払いアプリ」をダウンロードしたら「dポイント」が表示されるわけだから、わざわざ「dポイントカード」は必要なのだろうか?

いろいろ調べたところ……。

・ 「dポイント」を利用するには「dポイントカード」を作成すればよい。
・ 「dポイント対応店舗」によっては「d払い」に対応していない場合がある。(マクドナルドが該当 2020年5月25日時点)
・ ただし、そのような場合でも「d払いアプリ」には「モバイル版dポイントカード」の表示項目があり対応可能。

これで理解できると思うのですが、「d払いアプリ」は「dポイントカード」も兼ねてくれる存在です。
頼もしい存在となるでしょう……。

なんだか「d」がいっぱいでてきました。
大丈夫でしょうか?

それぞれをしっかり理解して、使いこなすようにしたいところ。
話についてきてくださいね。

つぎの項目で「d払い」に対応する店舗の一例を紹介しましょう。

「d払い」対応店舗について

※2020年5月25日時点

家電量販店エディオン、ケーズデンキ、ジョーシン、コジマ、ソフマップ、ビックカメラ など
コンビニエンスストア/スーパーローソン、ローソンストア100、ファミリーマート、セブンイレブン、ミニストップ、ポプラ、スリーエイト、生活彩家、オークワ など
ドラッグストアウエルシア、マツモトキヨシ、スギ薬局、ツルハドラッグ、セイムス、ドラッグユタカ、ウエルシア、ココカラファイン、コクミンドラッグ、サツドラ、サンドラッグ、ビッグドラッグ、くすりの福太郎、トモズ など
ショッピング高島屋、タワーレコード、スポーツアルペン、ゴルフ5、スポーツデポ、オートバックス、近鉄百貨店、つるやゴルフ、東海キヨスク、キャナルシティ博多、パークプレイス大分、マリノアシティ福岡、リバーウォーク北九州、天王寺ミオ、和歌山ミオ、福屋、メガネスーパー、シミズメガネ、メガネのタカハシ、JINS、トイザらス、東急ハンズ、花キューピット、PARCO、VenusFort、表参道ヒルズ、ラフォーレ原宿、六本木ヒルズ など
ファッションユニクロ、ジーユー、マックハウス、URBAN RESEARCH、AMERICAN HOLIC、UNITED ARROWS、STEVEN ALAN、earth music&ecology など
グルメケンタッキーフライドチキン、かっぱ寿司、上島珈琲店、カルビ大将、がんこ炎、甘太郎、牛角、やきとん酒場ぎんぶた、しゃぶしゃぶ温野菜、鳥の蔵、やきとりセンター、ガスト、ファーストキッチン、ウェンディーズ、吉野家、松屋、ロイヤルホスト、和民、ステーキ宮、土間土間、サンマルクカフェ、ジョナサン、バーミヤン、はなまるうどん、日高屋、来来軒 など
アミューズメントビッグエコー、カラオケ デイ・トリッパー、ジャンカラ、カラオケ時遊館、ラウンドワン など
交通関連ジャパンタクシー、MKタクシー、S.RIDE、広島第一交通 など
その他郵便局、藤田観光、変なホテル、ベガルタ仙台

など、など、など……。 日々新しい店舗が追加されるので、更新が間に合わなくなってきました。
申し訳ございませんが、最新情報は下記にて確認をお願いいたします。
参考:街のお店から探す|d払い – かんたん、便利なスマホ決済

ここで注意したいのは、「dポイント」は使えるけれど「d払い」に未対応な店がある点です。
スマホを利用した「バーコード決済」「QRコード決済」が「d払い」ですから、しっかりと理解してくださいね。

それから、「d払い」は多くのネットショッピングに利用できます

ネットショッピングの代表格といえば「Amazonアマゾン)」ですね。
もちろん、利用できますよ。

2018年の12月1日から可能となっており、スマホで利用設定すれば100円1ポイントの割合で「dポイント」を貯められます。

さまざまなポイントを「dポイント」にまとめたいならば、「アマゾンのd払い設定」は必須でしょう。

さらにAmazonプライム会員であればd払いでdポイントが3倍になります。エントリーが必要です。
「Amazon d払いならいつでもdポイント3倍還元キャンペーン」
キャンペーン期間:2021年2月28日(日)まで

ちなみに「ギガホ5Gギガホ」「ギガライト5Gギガライト」に加入しているなら、1年間Amazonプライムが無料になりますよ。

関連記事

ずーーっと気になっていた「Amazonプライム」。なぜなら、いつの間にか配送料と日時指定が有料になっていて、宅配屋さんに申し訳ないのでコンビニ受け取りをしておるからです。しかしながら、コンビニで受け取れないものもあるのですよね…。以前から[…]

ドコモのプランについてくるAmazonプライム
関連記事

dポイント使ってる?誕生日や更新のタイミングでももらえるdポイント。せっかく貯まったdポイントも有効活用しないともったいないですよね。ドコモには「ドコモのプランについてくるAmazonプライム」など、アマゾンの特典がい[…]

Amazonでdポイントを使う方法

「d払い」のメリットについて

わたしはコンビニエンスストアで「d払い」を利用して、スピーディな決済に感動しました。

そのあともさまざまなシーンで「d払い」の活用で多くのメリットを感じた次第です。
この点をみなさんと共有したいと考えました。

さっそく要点を紹介しましょう。

決済のたびに「dポイント」を貯めることができる

貯められる「dポイント」は、実店舗でのショッピングの場合、税込み200円に対して1ポイントです。
ネットショッピングでは、税込み100円に対して1ポイントとなります。

これを還元率で表記するならば、実店舗で0.5%、ネットショッピングで1%です。
けっして高い還元率とはいえませんが、さまざまなシーンで貯められますから、想像以上
にお得を実現できますよ。

支払い方法を選択できる

「d払い」に対しての支払い方法は4通り。

  • 「クレジットカード」
  • 「電話料金との合算」
  • 「ドコモ口座」
  • 「dポイント利用」

のいずれかを選べます。

電話料金との合算はドコモユーザーであることが条件です。
クレジットカードをお持ちでなければ、この方法が便利となります。

ちなみに、電話料金支払いにクレジットカードを利用しているならば、そちらのポイントも付与されますのでお得ですね。

また、「d払い」に対するクレジットカード払いの対応ブランドを表記しましょう。
「VISA」「MasterCard」「JCB」「AMEX」となり、代表的な国際ブランドを網羅しています。

これらに対応した還元率の高いクレジットカードを紐付けしておけば、ポイントのダブル取りが可能ですね。

ちなみにダブル取りに関してですが、ポイントを「dポイント」にまとめたいならば、クレジット機能をもつ「dカード」もしくは「dカードゴールド」が便利ですよ。

d払いアプリでdポイントを使うにはd払いアプリの支払画面で「dポイントを利用する」をオンにします。

また、アマゾン、JapanTaxi、ローチケなどの随時決済加盟店でdポイントを使うには、事前に設定が必要です。

設定方法は下記「ネットでd払い」ページの「随時決済におけるdポイント/d払い残高設定」を参照してください。
※下記で「ポイントを利用する」に設定をすると、設定を変更しない限り毎回ポイントが適用されるので注意してください。
参照:ネットでd払い(ご利用の流れ)|d払い – かんたん、便利なスマホ決済

「dポイントスーパー還元プログラム」の利用で最大7%還元!

プログラムエントリーが条件です。
対象となるサービスを列記しましょう。

dポイントプログラムのプラチナステージ:+1%
dポイントをためた回数50~99回/月
+0.5%
100回以上/月
+1%
dカードでドコモ利用料金支払い
(GOLD会員限定)
+1%
ネットのお店での買物※20,000~49,999円/月
+1%
50,000円以上/月
+2%
dカード請求額100,000~199,999円/月
+1%
200,000円以上/月
+2%

※d払いネット、ドコモ払い、SPモードコンテンツ決済、dマーケット等(月額・都度課金)の合計金額

これらをすべてクリアしていれば最大7%還元を実現できます。
お得度が大きいですね。

シンプルな決済方法

「d払い」の決済方法は極めてシンプルです。
アプリを起動させて、バーコードを読み取ってもらえばOK

この方法ならばクレジットカード決済よりもさらに簡単ですね。
サインなどをする必要はなく、店舗スタッフにバーコードを提示するだけで完了します。

1円単位の会計であっても、小銭を用意したり、つり銭を受け取ったりする必要がありません

スマートな決済方法、それが「d払い」です。

決済手数料は不要

利便性の高い決済方法であったとしても、手数料がかかったのでは意味がありません。
「d払い」は手数料不要の決済方法です。

ショッピング額にかかわらず決済手数料が不要ですから、安心してお買い物を楽しめますね。

いかがでしょう?
「d払い」のさまざまなメリットをご理解いただけましたか?

つづけて、つぎの項目でデメリット面を検証しましょう。

「d払い」のデメリットについて

クレジットカード登録が面倒くさい

「d払い」に紐付けするクレジットカード登録で、「本人認証サービス」の設定が必要となります。

これは「3Dセキュア」とよばれているものであり、クレジットカード・ブランドにより設定されています。

具体的には、「パスワード」や「ID」「パーソナルメッセージ」などの設定が必要となり、少々面倒に感じるかもしれません。

「d払い」アプリのダウンロードが必要

当然ながら「d払い」を利用するためには、アプリのダウンロードが必須となります。
また、決済時には起動させる必要があるのです。

いずれもたいした手間にはならないはず。
お得を実現させるためですから、ガマンしましょう。

「d払い」と「ドコモ払い」がややこしい

「ドコモ払い」はネットショッピングやオンラインゲームのプレイ代金に利用できる決済サービスです。

「ドコモ払い」はドコモユーザー限定ですから、しっかりと理解しておきましょう。
ややこしさからデメリットとしましたが、ドコモユーザーからすれば決済の選択肢が増えますので、メリットと考えることもできますね。

dポイントが使えてもd払いは使えない場合がある

dポイントは使えてもd払いは使えない店があるので、d払いマークもあるか確認しましょう。

店舗ごとの詳細は下記にて確認できます。
参照:【dポイントクラブ】dポイントがたまる・つかえるお店

まとめ

わたしは、キャッシュレス決済の入り口として「d払い」を選びました。
さまざまなシーンに活用できたので、よかったと感じています。

「dポイント」に魅力を感じるならば「d払い」をぜひ取り入れてください。
もちろん、ドコモユーザーであれば「多くのお得」を実現できます。

かしこくキャッシュレスを活用して、実りある生活を楽しみましょう。

最新情報をチェックしよう!