スマホの料金・プラン・機種の総合情報サイト「スマギア」

iPhoneにホームボタンの代替えボタンを設定する方法

iPhoneにホームボタンの代替えボタンを設定する方法

iPhone8やiPhone SEからiPhone13など新しい機種に買い替えたいけど、ホームボタンがないのであきらめている方におすすめ!

iPhone13などiPhone X以降のホームボタンのない機種で「AssistiveTouchアシスティブタッチ)」を設定すると、ホームボタンと同じように使うことができます。指紋での認証はできませんが、かなり操作が楽になりますよ。

ホームボタン押せない反応しない壊れた、といった場合にも代わりのボタンとして使えるので、参考にしてください。

ホームボタンよりも便利なAssistiveTouch

例えばiPhone8のホームボタンはデフォルト設定だと下記↓のような操作が可能です。

ホームボタンを1回押すホーム画面に戻る
ホームボタンを2回押すと、起動中のアプリを切り替え(Appスイッチャー)
ホームボタンを長押しすると、Siriが起動
ホームボタンを2回タッチすると画面上半分が下に移動(簡易アクセス)

しかし、iPhone13などiPhone X以降のFace IDを搭載した全面ディスプレイモデルホームボタンがありません

そこで代わりのボタンとして「AssistiveTouchアシスティブタッチ)」を設定します。

AssistiveTouchを設定すると、画面上に白いボタンが現れるようになり、どの画面からでもボタン操作でホーム画面に戻したり、アプリを切り替えたりすることが可能になります。

AssistiveTouchを設定すると表示される白いボタン
AssistiveTouchを設定すると表示される白いボタン

AssistiveTouchはホームボタンには設定できない動作も設定できるので、使いこなすとホームボタンよりも便利です。

置き場所も画面の端であればどこにでも設置できるので便利です。ボタンをスライドすれば動きます。

AssistiveTouchの設定方法

設定>アクセシビリティ>タッチ>AssistiveTouchをタップ、
AssistiveTouchをONにすると画面の右下に白いボタンが表示されます。

ボタン動作は上記画面の「カスタムアクション」の項目で
シングルタップ
ダブルタップ
長押し
3D Touch(3D Touch対応モデルのみ)
が設定できます。

このカスタムアクションで
[シングルタップ]をタップ後「ホーム」をタップして設定。
[ダブルタップ ] に「Appスイッチャー」
[ 長押し ] に「Siri」

を設定するとiPhone8のホームボタンと同じように使える、ということになります。

AssistiveTouchで設定できる動作

・AssistiveTouchメニューを開く
ホーム画面に移動する
ダブルタップ
複数の指のジェスチャを実行する
スクロールジェスチャを実行する
Siriを起動する
コントロールセンター通知ロック画面、またはAppスイッチャーにアクセスする
・iPhoneの音量を調整する
・iPhoneをシェイクする
スクリーンショットを撮る
3D Touchを使う(3D Touch対応モデルのみ)
Apple Payを使う
緊急SOSを使う
画面を読み上げ
滞留の設定を調整する
・iPhoneを再起動する

参考:iPhoneでAssistiveTouchを使用する – Apple サポート (日本)

ちなみに、3D Touchとはボタンを強めに押す動作です。
下記↓対応モデルで使えます。

3D Touch対応モデル

・iPhone 6s
・iPhone 6s Plus
・iPhone 7
・iPhone 7 Plus
・iPhone 8
・iPhone 8 Plus
・iPhone X(Face ID搭載)
・iPhone Xs (Face ID搭載)
・iPhone Xs Max (Face ID搭載)

個人的にはシングルタップにデフォルトで設定されているAssistiveTouchのメニュー(最上位メニュー)が使いやすいので、[長押し]に「メニューを開く」を設定し、メニューの中にSiriのアイコンを追加して使っています。

普段あまり使わない機能はメニューに追加して使うと便利ですよ。追加方法を次に説明します。

最上位メニューをカスタマイズ

デフォルトでシングルタップに設定されている「メニュー」は動作を追加することが可能です。

AssistiveTouchのメニュー
AssistiveTouchのメニュー

設定>アクセシビリティ>タッチ>AssistiveTouchをタップし、[最上位メニューをカスタマイズ]をタップします。

デフォルトでは6個のアイコンが設定されていますが、不要な動作があれば、そのアイコンをタップすると別の動作に変更できます。

新たにアイコンを追加する場合は[+]ボタンをタップします。空いている場所に追加された+マークをタップすれば追加したい動作を設定します。アイコンは最大8個設定できます。

[-]ボタンをタップするとアイコンが一つずつ削除されます。

アイコンをデフォルト設定に戻したい場合は[リセット…]をタップすれば戻ります。

少々面倒ではありますが、よく使う動作は押しやすい位置に設定すると使い勝手が向上します。

背面タップも便利

ホームボタンの代替えは、端末の背面をタップする動作にも設定できます。

背面タップは本体にカバーを付けていると使えませんが…

設定方法

設定>アクセシビリティ>タッチ>背面タップ
で設定できます。

AssistiveTouchを試す

AssistiveTouch機能はiPhone8やiPhone SEなどホームボタンのあるモデルでも上記の設定をすれば使えます

ホームボタンがないために新機種の購入をあきらめている方は、お手持ちの機種でAssistiveTouchを試してみるのはいかがでしょうか?

ちなみに、iPhone13シリーズについては下記↓関連記事に記載しています。

関連記事

iPhone 13発売!iPhone 13シリーズのラインナップはiPhone 13iPhone 13 miniiPhone 13 ProiPhone 13 Pro Maxの4モデル。iPhone 12と同じラインナップで[…]

iPhone13どのモデルにする?どこで購入する?機能と価格とプランを比較してみた。

iPhone12シリーズも値下がりしているのでおすすめです。

関連記事

※11/26 ソフトバンク、ワイモバイルでiPhone 12 mini(64GB、128GB)値下げ!4種類販売されるiPhone 12。ゲーム操作も快適らしいですよ。iPhone 12は5G対応のiPhoneとい[…]

iPhone12どの機種にする?どこで購入する?機能と価格とプランを検討してみた。
iPhoneにホームボタンの代替えボタンを設定する方法
最新情報をチェックしよう!