スマホの料金・プラン・機種の総合情報サイト「スマギア」

ワイモバイルのSIMへ変更を検討してみた

ワイモバイルのSIMへ変更を検討してみた

現在、私はソフトバンクのスマホでiPhone11を使用しています。

毎月の月額料金をもう少し下げたいなと思って、同じソフトバンク系のワイモバイルに乗り換えをしようか考えています。

というのも、毎月のデータ使用量を見るとだいたい5~7ギガくらいに収まっていて、無駄に通信料を払っているのでは?という思いからもう少し安くできるんじゃなかいという動機に至ったのです。

1、ソフトバンクの料金プラン

メリハリプランミニフィットプランスマホデビュープランの3つの料金プランがソフトバンクにはあるのですが、スマホデビュープランはガラケーからののりかえが対象だったりしますので、今回はメリハリプランとミニフィットプランの2つで見ていきます。

メリハリプランに関して

現在、私が契約をしているのはこのメリハリプランとなっています。

このプランの特長は何と言ってもデータ容量が50ギガも使えるといったところです。

しかも、ユーチューブやアマゾンプライム、ツイッターやラインといった動画やSNSが使い放題というところがこのサービスの最大のメリットとなっています。

ちなみに、毎月のデータ使用量が2ギガ以下だと勝手に割引(▲1,500円)というサービスもありますが、こちらは、この動画SNS使い放題はカウント対象に含まれたうえでの話で、よっぽどのことが無い限り適用されないと思いますので、今回の話からは除外します。

そしてこのメリハリプランの毎月の料金ですが、7,480円(税抜)けっこうな割高な料金となっています。。

ここから各種の割引が適用されることになるのですが、それでもちょいと高いかなと感じています。

→ 私が適用されている割引

おうち割光セット:▲1,000円(税抜)

みんな家族割+:▲1,500円(税抜)

ということで、私自身が毎月払っている通信料は4,980円(税抜)ということになります。

なんとか税抜き価格で5,000円を割っているといったところでしょうか。

次にもう一つのプランのミニフィットプランの中身も見ていきます。

ミニフィットプランに関して

こちらは毎月のデータ使用量によって毎月の料金が変わる仕組みとなっていて、比較的データ使用量を使わない人向けのプランとなっています。

~1ギガ以下の場合:3,980円(税抜)

~2ギガ以下の場合:5,980円(税抜)

~5ギガ以下の場合:7,480円(税抜)

という風に3段階に分かれています。

そして、メリハリプランのときと同じように、ここから各種の割引が入ることになります。

おうち割光セット:▲1,000円(税抜)

みんな家族割+:適用無し

・・・

そうなんです。

メリハリプランとは違って、家族割系のサービスは適用されないのです。

おうち割光セットの割引が適用されたとしても

~1ギガ以下の場合:2,980円(税抜)

~2ギガ以下の場合:4,980円(税抜)

~5ギガ以下の場合:6,480円(税抜)

となっていて、つまりは1ギガ以上を使用する人はメリハリプランの方がおとくということになるわけです。

となると、必然的に動画SNS使い放題があって、しかも50ギガまで使用できるメリハリプランを選択することになりますよね。

しかし、、毎月のデータ使用量は5~7ギガなので、なんかもったいない!

ということでワイモバイルの月額料金がどうなのかを整理してみました。

2、ワイモバイルの料金プラン

スマホベーシックプランSの3つがワイモバイルの料金プランとなっています。

スマホベーシックプランSの場合:2,680円

スマホベーシックプランMの場合:3,680円

スマホベーシックプランRの場合:4,680円

となっています。

そして肝心の使用できるデータ通信量は

スマホベーシックプランSの場合:3ギガ(→1年間は4ギガ

スマホベーシックプランMの場合:10ギガ(→1年間は13ギガ

スマホベーシックプランRの場合:14ギガ(→1年間は17ギガ

となっています。

私の場合、毎月のデータ使用量が5~7ギガですので、ワイモバイルに当てはめると「スマホベーシックプランM」ということになりますね。

つまりは毎月のデータ通信料は3,680円となるのです。

しかも、ここからソフトバンクのときと同じように各種の割引が適用されるのです。

おうち割光セット:▲500円

もしくは

家族割:▲500円

スマホベーシックプランのS、M、R問わず同じ金額で適用がされるので、割引後の金額は以下になります。

スマホベーシックプランSの場合:2,680円

スマホベーシックプランMの場合:3,180円

スマホベーシックプランRの場合:4,180円

ということで、私の場合は毎月のデータ通信料金は3,180円となります。

現在、使用しているソフトバンクでのデータ通信料が4,980円ですので、毎月1,800円も安くなるということです。

年間にして21,600円も通信料を下げることが出来るので、ワイモバイルへ乗り換えることにすごく心がゆらぐわけです。

3、ワイモバイルに乗り換えた場合のメリット・デメリット

メリット

・毎月の通信料が安くなる。

→こちらは上記で説明をした通りですね。

毎月1,800円で、年間だと21,600円も安くなるのです。

ご家族全員で乗り換えるとなると、その人数分が安くなるということですね。

・通話料がお得

→実は何気に嬉しいのが、ワイモバイルは通話料もお得なんです。

どういうことかというと、10分以内の通話だと無料なんです。しかも回数に制限がなくて何度でもOKとなっています。

10分以上を経過してしまった場合は、30秒につき20円(税抜)の料金が発生してしまいますので、注意が必要です。

ソフトバンクの場合だと、似たようなサービスで「準定額オプション」というのがあるのですが、毎月800円(税抜)の料金がかかります。しかも1回5分以内となっていますので、ワイモバイルの方がお得ですよね。

ワイモバイルもいいことばかりではありません。当然にソフトバンクの方が優れている部分もあります。

ワイモバイルのデメリットという形で整理していきます。

デメリット

・動画やSNSの使用がちょっとためらわれる

ソフトバンクのメリハリプランだと、動画SNSが使い放題なのですが、これが何気に大きいのです。

最近は休みの日でも家に引きこもるケースが多いのでユーチューブを観る機会が増えているのですが、結構データを使っているのです。

時には毎月ユーチューブだけでも10ギガくらい使用しています。

ここがソフトバンクの場合はギガノーカウントで使い放題、ワイモバイルの場合はギガカウントされる。

ということで、ワイモバイルの場合はWi-Fi環境が無いところでのユーチューブの使用は若干ためらわれますね。

・最新のものに対応していない部分がある。

端末+SIMの場合になりますが 、たとえば、iPhoneの機種で比較しても、ワイモバイルの場合はiPhone7が最新でソフトバンクはiPhone11まで進んでいるので、最新の機種がワイモバイルには無いものもあると言ったところが弱点だったりしますね。

しかも2020年は5G元年ではありますが、ソフトバンクや大手キャリアではどんどんと5Gの機種が発売されていますが、ワイモバイルは当面先、5G対応は無さそうですからね。

という風に、ワイモバイルにもデメリットになりうる部分がありますので、その点は要注意でございます。

4、おすすめののりかえ方法

ワイモバイルへのおすすめののりかえ方法はいくつかあると思うのですが、私が一番お勧めなのはSIMのみで乗り換えるということです。

つまりは今持っている最新の機種もSIMフリーの手配をとれば、ワイモバイルのSIMを差し替えることで、最新の機種でワイモバイルの月額料金にするということが出来るということです。

前項でワイモバイルのデメリットに挙げていた最新の機種に対応していない部分があるというところは、これで打ち消せそうですね。

しかも、SIMのみのいいところは機種を買いなおさなくてもいいというところです。

ワイモバイルで販売されている機種は型落ちであったり、スペックが大手キャリアと比較して低いということもあって安いのですが、それでも数万円するお買い物ですので、少しでも節約はしたいところですもんね。

ソフトバンクからワイモバイルへののりかえだと、ソフトバンクで適用されていた以下のサービスも受けることが出来ますので、乗り換えに対しての敷居も低いと思います。

ワイモバイルでも受けられる主なサービス

ヤフーショッピングでポイントが貯まる

雑誌・マンガ読み放題

プロ野球パリーグの試合が見放題

国内バスケットボールの試合が見放題

今はなかなか野球観戦も行けなかったりしますので、パリーグの試合だけとはいえ、野球の試合が見放題というのは嬉しいサービスですね。

いま使っている機種が古くなってたり、画面にひび割れがあってといったことが動機で機種を乗り換える時には「端末+SIM」での乗り換えがいいかと思いますが、今使っている機種をそのまま使いたいということであればSIMのみで乗り換えをすることをお勧めします。

以上、読んでいただきありがとうございました!

お申込みはこちらから ⇒ ワイモバイルオンラインストア

関連記事

出典:【公式】ワイモバイル(Y!mobile)- 格安SIM・スマホはワイモバイルで今期の学割も2020/6/1で終了しました。通常時の割引サービスが充実してきてこともあって、「年々学割のお得感が薄くなってきたな」というの[…]

ソフトバンクからワイモバイルへ乗り換えをするのに向いている人とは?
ワイモバイルのSIMへ変更を検討してみた
最新情報をチェックしよう!