スマホの料金・プラン・機種の総合情報サイト「スマギア」

ソフトバンクの新プランの「SoftBank on LINE」と「メリハリ無制限」について考えてみた

ソフトバンクの新プランの「SoftBank on LINE」と「メリハリ無制限」について考えてみた

※本記事に掲載の内容は2021年1月29日時点の情報です。
新しい内容は下記記事↓に記載しているので参考にしてください。

関連記事

新プランは2021年3月17日から開始!ドコモやau、ソフトバンク、楽天モバイル、格安スマホの各社でスマホの新プランが次々に発表されて、スマホ業界が盛り上がっていますね!そんな中、ソフトバンクでは、メリハリ無制[…]

ソフトバンクのLINEMO(ラインモ)かメリハリ無制限かもしくはミニフィットプラン+のどれに変更しようか検討中!

新プランは2021年3月17日から開始!

ドコモやau、ソフトバンクなど各通信キャリアで2月以降、順次通信料の値下げプランがスタート予定となっています。

と言っても各社共に急な料金設計だったからか、まだ未確定の要素が残っていたり、他のキャリアプランとの兼ね合いで料金プランも小幅に改訂される可能性もありますが、2021年1月26日時点の情報として、ソフトバンクの新プランについての情報の整理をしていきます。

SoftBank on LINEに関して

まずは、「SoftBank on LINE」の内容をみています。

出典:SoftBank on LINE | スマートフォン・携帯電話 | ソフトバンク

月額2,980円(税抜)で毎月20GB使用出来るプランとなっています。

家族割(みんな家族割+)だったり、光回線のセット割(おうち割 光セット)、新規割(半年おトク割)などの各種の割引は無くて、そしてプランの数もこの1つのみとなっています。至ってシンプルで分かりやすくてお得なプラン内容となっています。

そして、4Gも5Gも料金に差はなくて同じ月額2,980円となっていますので、本当にシンプルな内容です。

そしてこのプラン料金の中には、いくつかの特典が含まれています。

特典1:1回5分以内国内通話無料

1回5分以内の国内通話が無料となっています。このことに対してのオプション料金が発生するということはないです。ちなみに5分を経過したあとの通話料は20円/30秒となっています。

通話をよくするという人は月額+1,000円で5分を超える通話も無料に出来るオプションがありますので、ご自身の通話の状況でこのオプションを付けるかどうか判断するのがいいでしょう。

特典2:LINEがギガノーカウント

ギガノーカウントの対象はLINEトーク/LINE通話が予定されています。通話をほとんどLINEで済ませられる人は、上記の通話オプションを付けずとも、この「LINEがギガノーカウント」を活用すれば、通信費を浮かせることが出来ますね。

その他にも、「eSIM対応」だったり、「オンライン専用」ということもアピールはしていますが、こちらは人によってはデメリットにもなりかねないところです。

また、端末と一緒に購入できない可能性もありますので、SIMのみの契約に慣れていない人にとっては、端末は別途用意しないといけないなど手間に感じてしまいかねない部分もあります。

オンラインでの手続きに慣れていてある程度通信系に詳しい人にとっては、安く利用できるのでいいプランとなりえます。

なお、「SoftBank on LINE」の開始にともない、既存の「LINEモバイル(MVNO)」は新規申込を終了します。店頭では3月1日(月)から順次、オンライン手続きは3月31日(水)11時に終了します。既存ユーザーはそのまま利用できますが、3月31日以降はドコモ回線、au回線への変更ができなくなります。

先行エントリーキャンペーン 実施中!

SoftBank on LINEの提供開始日前日(未定)までに下記リンク先からエントリーするとPayPayボーナス3,000円相当がもらえます。

5月31日(月)までに契約すると対象になります。

先行エントリーはこちらから ⇒

メリハリ無制限に関して

20GB以上使用する人にとっては、こちらの「メリハリ無制限」の方がお勧めとなります。

出典:メリハリ無制限 | スマートフォン・携帯電話 | ソフトバンク

月額6,580円(税抜)でデータ量に関しては無制限となっています。

SoftBank on LINEと違い、家族割(みんな家族割+)や光回線のセット割(おうち割 光セット)の適用があります。ただし、新規割(半年おトク割)はありません。

一方、SoftBank on LINEと同じく4Gと5Gで同じ料金体系となっていますので、今後5Gが主流になっていってデータを多く使用することになる際はとてもいいプランだと言えます。

家族割(みんな家族割+)に関しては

1人で契約をする場合:無し
2人で契約をする場合:▲600円(税抜)/月
3人で契約をする場合:▲1,100円(税抜)/月

上記のようになっています。割引額は1回線ごとに適用されるので、ご家族で乗り換えをすると月額料金をさらに安くすることが出来ます。

光回線セット割(おうち割 光セット)に関しては

月額▲1,000円(税抜)/月の割引が回線ごとに適用されます。

この2つのキャンペーンが適用された場合、4,480円(税抜)ということになります。

【内訳】6,580円 – 1,100円(みんな家族割+) – 1,000円(おうち割 光セット)

さらに、このプランにはいくつかの特典があります。

特典1:勝手に割引

月間のギガ使用量が3GB以下だった場合、▲1,500円(税抜)の割引が適用されます。

つまりは上記の4,480円からさらに1,500円の値引きが入って2,980円(税抜)になるケースも出てくるということです。

ギガをあまり使用しない月はSoftBank on LINEと同価格帯にできて、ギガを多く使用する月は4,480円で使用することも可能ということなので機転を利かせることが出来ます。

特典2:テザリング使用料が無料

テザリングが追加料金ナシで利用することが出来ます。

30GBを超えると低速化はしますが、うまくテザリングを利用することで、ポケットWi-Fiなど必要がなくなる人も出てきそうですね。

ちなみにテザリングで30GBを使用したからといってテザリング以外での使用時も低速化するということが無いので安心してテザリングも使用できます。

メリハリプランのプラン変更前後の比較

「SoftBank on LINE」は新しくできたプランですが、メリハリプランは現状も「メリハリプラン」というものがありますので、現状のものと変更後のものでどちらがいいのかを比較していきます。

以下は税抜きの表記で記載をしていきます。

基本料金
メリハリプラン:7,480円(5Gの場合は8,480円)
メリハリ無制限:6,580円(5Gの場合も同額6,580円)

4Gで900円5Gで1,900円安くなっています。

光回線セット割(おうち割 光セット)
メリハリプラン:▲1,000円
メリハリ無制限:▲1,000円

光回線セット割での割引額は変わりないです。

家族割(みんな家族割+)
メリハリプラン:
1人で契約をする場合:無し
2人で契約をする場合:▲500円(税抜)/月
3人で契約をする場合:▲1,500円(税抜)/月
4人で契約をする場合:▲2,000円(税抜)/月

メリハリ無制限:
1人で契約をする場合:無し
2人で契約をする場合:▲600円(税抜)/月
3人で契約をする場合:▲1,100円(税抜)/月

対象人数の基準が変わっていますので比較しづらいところではありますが、割引額でみるとメリハリ無制限の方が割引額は小さくなってしまってます。

新規割(半年おトク割)
現状のメリハリプランだと4G/5Gともに「半年おトク割」として6カ月間▲1,000円の割引適用されるキャンペーンがあるのですが、メリハリ無制限だとこのキャンペーンは無くなっています。

5G 1年おトクキャンペーン
現状のメリハリプランの5Gのほうだと12カ月間毎月▲1,000円の割引が適用されるキャンペーンがあるのですが、メリハリ無制限だとこのキャンペーンは無くなっています。

と言ってもメリハリ無制限の場合は4G/5G共通の料金プランとなっていますの、無くなってしかるべきかと。

料金体系は以上のようになっています。

以下に表にして整理をしてみます。

■ 5Gの場合
 5G
現状変更後
基本料金8,480円6,580円
おうち割 光セット-1,000円-1,000円
 7,480円5,580円
 差→-1,900円
 
みんな家族割-2,000円-1,100円
みんな家族割込み5,480円4,480円
 差→-1,000円

現状のプランだと、上記の表に加えて、「半年おトク割」で6カ月間▲1,000円の割引と、「5G1年おトクキャンペーン」で12カ月間▲1,000円の割引が入ります。

仮に2年間使用するとなると、みんな家族割+込みだと

現状5,480円×24カ月 – 1,000円×6か月 – 1,000円×12カ月 = 113,520円となります。

変更後4,480円×24カ月 = 107,520円となります。

以上のことから期間限定の割引を加えたとしても変更後のメリハリ無制限の方が安くなっていると言えます。

■ 4Gの場合
 4G
現状変更後
基本料金7,480円6,580円
おうち割 光セット-1,000円-1,000円
 6,480円5,580円
 差→-900円
 
みんな家族割-2,000円-1,100円
みんな家族割込み4,480円4,480円
 差→00円

現状のプランだと、上記の表に加えて、「半年おトク割」で6カ月間▲1,000円の割引が入ります。

仮に2年間使用するとなると、みんな家族割+込みだと

現状5,480円×24カ月 – 1,000円×6か月 – 1,000円×12カ月 = 101,520円となります。

変更後4,480円×24カ月 = 107,520円となります。

なんと、みんな家族割+をフルに適用できる場合は、現状のメリハリプランの方が安いということになります。

と言ってもメリハリプランは月間のデータ使用量が50GBまでという制限もあることや、テザリングを使用する場合は別途500円(税抜)のオプション代金が必要ですので、一概に今のプランの方が言えないという面もあります。

以上が比較内容となっています。

・SoftBank on LINEだと端末の購入は出来ないのか?

・メリハリ無制限の場合、通話オプションがあるのかどうか?

・メリハリ無制限でテザリングで低速化したときの速度制限はどれくらい?

・SoftBank on LINE、メリハリ無制限共に解約金はナシでいいのかどうか?

などまだ未確定の要素があるのですが、現時点で判明している情報だと以上のようになります。

また、新料金プランがスタートして、色々なものが明確になった時にも再度比較検証をしていきたいと考えています。

最後までお読みいただきましてありがとうございました!

ソフトバンクの新プランの「SoftBank on LINE」と「メリハリ無制限」について考えてみた
最新情報をチェックしよう!